Retica(レティカ)では平日15時 土日祝12時までのご注文で即日発送

今注目の特集を
Check!

Retica(レティカ)パーティードレスRANKING
Retica(レティカ) 結婚式・二次会におすすめのドレス特集

結婚式・二次会におすすめのドレス特集

一番初めのドレスを選ぶポイントは、色。「白」は花嫁さんの当日の特権ですし、「黒」一色は喪服を想像させてしまいます。
黒のドレスを選ぶ場合はボレロやショール、バッグなどの小物で華やかに演出しましょう。
出席するゲストの顔ぶれや、結婚式場の格式などを見極めつつ選ぶ必要がありますが、最近はバイカラーのドレスも人気のアイテムです。パステルカラーなど淡い色味のバイカラードレスがトレンド◎
注意するべきは、過度な露出のあるドレスです。ボレロやショールでカバーするのがベスト!
特別な1日を素敵なドレスで過ごしてくださいね。

【結婚式ドレス】
結婚式・披露宴に参加する際の一番重要な事は、花嫁さんよりも目立たない事です。
露出も少なく派手になりすぎないフォーマルドレスを選びましょう。
肩の出るような袖なしのドレスを着用する場合はボレロ・ショールなどで露出を減らすことがポイントになります。
夜間の結婚式の場合は、お昼時間帯の場合と比べて多少肌の露出が増えても羽織りなしでOKです。
ドレスの色は控えめな色を選ぶことが多いですが、ネイビーやブラックなどの色を着用する場合は、ベージュやピンク色など明るめのボレロやショール、バッグや靴を選んで華やかさをプラスするように心がけてください。
サテンやラメ素材を使ったドレスよりも、レースやシフォンのドレスがおすすめです。

【二次会ドレス】
二次会から参加する場合に【平服でお越しください。】とご招待いただく事が多いですが、 この場合の平服とは普段着の事ではないので注意が必要です。
あくまで格式高いものではなくても大丈夫と言う意味で、Tシャツ・ジーパンなどでも良いよと言う事ではなく、ややカジュアルにご着用いただけるドレスを選ぶのを心掛けてください。
フォーマル過ぎずカジュアル過ぎないセミフォーマルなドレスが無難です。
立食形式だったり会場の雰囲気も考慮してパンツドレスやワンピースを選ぶと良いでしょう。
結婚式・披露宴ほどの格式はなくても、露出の多いベアドレスやミニ丈などは避けるべきです。
ドレスが決まればバッグやアクセサリー・靴をご自身のコーデに合わせて選べばOK。 結婚式・披露宴から続けて参加される場合はそのままフォーマルな服装でももちろん大丈夫です。
トピックスを選ぶ 気になるトピックスをチェック! 知っておきたい!結婚式のお呼ばれマナー 知っておきたい!結婚式のお呼ばれマナー

結婚式におすすめのドレス&スタイル

上品で華やかなフォーマルドレスが結婚式では定番スタイルです!季節やトレンドに合わせてカラーを選ぶのもオススメ◎

結婚式におすすめのドレスアイテム

二次会におすすめのドレス&スタイル

二次会は結婚式・披露宴に比べて少しカジュアルでもOK◎いつもより綺麗めなアイテムをチョイス!

二次会におすすめのドレスアイテム

結婚式・二次会におすすめアイテム

小物で印象を華やかに◎結婚式・二次会におすすめの【ボレロ・ショール】【バッグ】【アクセサリー】【靴・パンプス】をチェック!

結婚式・二次会におすすめのボレロ・ショール

結婚式・二次会におすすめのバッグ

結婚式・二次会におすすめのアクセサリー

結婚式・二次会におすすめの靴・パンプス





今さら聞けない!「結婚式」のお呼ばれドレスマナー

「黒一色」「白一色」コーデはNG!

基本として「黒一色」「白一色」でのコーディネートは避けましょう。

ボレロやバッグなど小物を使って華やかなコーデに仕上げましょう!

黒一色コーデはNG!

ブラックカラーは引き締め効果のある色味で、大人っぽい印象を与えてくれる為世代を問わず人気のお色味ですよね! しかし黒一色では「喪服」を連想させてしまいますので、お祝いの場ではNGです。黒、濃いネイビーなど暗い色味のドレスを着用する場合は、ボレロやバッグ、小物で華やかにコーディネートしましょう。

白は「新婦さんの特権」

「白」は結婚式当日の新婦さんの特権のカラーですので、真っ白なドレスは避けましょう。また、アイボリー、ベージュ、薄ピンクなど淡いカラードレスは光や写真などで白っぽく見えてしまう可能性がありますので、ボレロやストールで白一色に見えないように工夫すると◎

露出の多いドレスには羽織りアイテムを!

露出が多いドレスはNG!

肩の出ているドレスには、ストールやボレロの着用が必要です!

マナーとして露出の多いドレスはNG

結婚式・昼の披露宴では、ひざ上10cm以上のミニ丈や、胸元が大きく空いているドレスはNG!カジュアルな印象を与えるプリントドレスも避けましょう。 肩が見えているドレスはボレロやジャケットをきちんと羽織るのがベスト。夜の披露宴や、カジュアルな式の場合は肩を出したデザインのドレスもOKです!

「バイカラー」「パンツスタイル」

おしゃれさんに人気!映える着こなしのバイカラードレス。

高身長な方にもおすすめのハンサムスタイルが叶うパンツドレス。

華やかに映える「バイカラー」アイテム

バイカラーや上下で分かれているセットアップは「別れ」をイメージさせることから着用を避けられていましたが、マナー違反というわけではありません。出席するゲストの顔ぶれや、結婚式場の格式などを見極めつつ選ぶ必要がありますが、パステルカラーなど淡い色味のバイカラードレスは式を華やかにしてくれる人気のアイテムです。

「パンツスタイル」は高身長さんに人気のアイテム

パンツよりもスカートの方が正装としては格上とする場合が多い為、出席するゲストの顔ぶれや、結婚式場の格式などを見極めつつ選ぶ必要がありますが、 ワンピースドレスだと裾が足りなくなってしまう高身長さんや、幹事や披露宴の余興を任されていて動きやすい服装を求められる方などにはとてもおすすめのアイテムです。

アクセサリーは細かなところまで気配りを!

生花のアクセサリーはNGです。また、式の最中は腕時計を外しましょう。

結婚式のドレスに合わせるなら、パール素材のアクセサリーがおすすめ!

パールモチーフアクセサリーで華やかに

「生花」のアクセサリーは新婦さんと被る可能性が高い為NGです。また、腕時計は式の終わる時間を気にしているような印象を与えてしまう為式の最中は外しておきましょう。結婚式・披露宴には「パール」素材のアクセサリーがおすすめです。揺れるピアスやイヤリングは「家庭が揺れる」など、縁起が悪いとされていますので、大ぶりなものや目立ちすぎるものは控えるようにしましょう。

お呼ばれシーンでのバッグは何を選べばいい?

「ファー」「革」「紙」などカジュアルなバッグはNGです!

ドレスの色や素材に合わせたパーティーバッグを用意しましょう!

華やかなパーティーバッグでコーディネート

「ファー」や「革」の素材を使ったものは「殺生」をイメージさせるのでNGです。紙バッグやカジュアルなバッグも結婚式・披露宴では相応しくありません。 コンパクトで華やかなパーティーバッグを用意し、ドレスと合わせてコーディネートするのが◎

結婚式のお呼ばれでは足元もチェック!

黒のストッキングやカラータイツ、素足、サンダル、高すぎるヒールはNG!

ベージュのストッキングを着用し、高さ5cm以上のパンプスを履きましょう!

結婚式にはベージュのストッキングを着用

結婚式・披露宴には素足や黒のストッキング、カジュアルなカラータイツは相応しくありません。必ずベージュの透け感のあるストッキングを着用しましょう。 ※30デニール以上のものがタイツ、30デニール以下のものがストッキングです。

ヒール5cm以上のパンプスを着用

サンダルやカジュアルなブーツ、また極端に高すぎるヒールのパンプスはNGです。 ヒールの高さは5cm〜10cm程で、着用するドレスにあったフォーマルな靴を選びましょう。
81件中 1-50件表示
1 2
81件中 1-50件表示
1 2